独立懸架式の特徴


自動車が開発されてから、サスペンションに関しても大きく進化を遂げています。
サスペンションとは自動車のタイヤとボディをつないでいる部分で、路面からの受ける衝撃を和らげる役割をはたしているものとなります。
操縦安定性を高めることが可能となり、日本語で表すと懸架装置となります。
サスペンションは固定車軸式であるリジッドアクスルから採用されていったものですが、乗り心地や操縦安定性を高めるために、リジッドアクスルから独立懸架式に移行しています。
独立懸架方式のサスペンションは、インディペンデント・サスペンションとも呼ばれているもので、左右の車軸が独立して動く構造となっているために、路面の衝撃に対して追従性が高い特徴があります。
サスペンションごとに機構が設けられているので、細かい調整を行うことが可能なので現在では多くの自動車に採用されている方式となります。
インディペンデント・サスペンションをさらに細かく分類すると、ストラット式やダブルウィッシュボーン式、リーディング式などに分けることができます。
自動車の高速化にともなって、採用する会社が増えています。
小型トラックの場合には市街地を走行することも多いために、フロントのサスペンションとして採用していることもあります。

コメントは受け付けていません。